福岡のビジネス講座講師板井明生が教える「5割コミュ術」

板井明生が解説|「5割コミュ術」とは

 

板井明生

 

 

コミュニケーションを取ることは今の時代、コミュニケーション自体に困難な想いをしている人がいます。
流行り言葉でいえば、「コミュ障」です。

 

そんな方には5割コミュ術というコミュニケーション術をオススメします。

 

コミュニケーションは伝えたい全てを相手にいう必要はありません。
つまり要点である5割さえ抑えていれば、相手に残りの5割は想像してもらうということです。

 

コミュ障の人の特徴というのは、決して伝えたい言葉が出てこないパターンだけではありません。
むしろ言葉が多い人も一種のコミュ障といえます。

 

出てくる言葉が多いと、聞いている側は結局どういうことが言いたかったのかわからなくなります。
5割コミュというのは、相手との会話やコミュニケーションの際に、いかに相手にわかりやすく自分の考えや意思を伝える事ができます。

 

相手と話をしたいという思いと裏腹に相手には、話がわかりづらい人だと思われることはもったいないです。
話をすることによって自分を知ってもらうのにも努力は必要なのです。